神保さんの腰痛解消ブログ(はてブ)

腰痛に悩んだ経験から色々体験し、結局治療家になった神保さんのブログ

主な腰痛の原因は不良姿勢

はい、タイトルが結論です、おしまい。

 

 

 

…すいません、もう少し詳しく解説させて下さい。

 

腰痛は、体の一部である腰を正しく使っていないために起こります。

例えばテレビ、放送された映像を視聴するだとか、テレビゲームを繋げてプレイするとかなら10年くらいは使えると思うんです。

でも、テレビの画面で蕎麦を打つとかダンベル代わりに使うとかフリスビー代わりに使うとすれば、高確率で壊れると思うんです。

腰は歩いたり走ったり程よく動いて正常を保てます。

毎日数時間座りっぱなしの生活を3年もしていれば、腰は正常では無くなります。

運が良ければ腰痛にならずに済むかも知れませんが、首や背中にしわ寄せが来てもおかしくはありません。

おれはけっこうデスクワークでそこそこ腰痛だぜ!座りっぱなしがいけないんだな!?高校生の時にバスケやサッカーや運動をしていた、あの頃はほぼ毎日筋肉痛だったが腰痛とは無縁だったぜ!

よしまたあの時の運動をやってみよう!

…なんて方、ヤバいです、下手したら腰痛が悪化してヘルニアを併発して足が痺れてきます。

さらに続けると10分歩くと痛くてそれ以上は歩けない、とかなります。

デスクワークの腰痛の原因は大腰筋腸腰筋の短縮がほとんどです。

よくて反り腰、こじらせるとフラットバックや円背みたいな腰部後湾になります。

反り腰で大腰筋腸腰筋やハムストリングが緊張してるのにサッカーみたいにめっちゃ走ったりボールを蹴ったりする動きをしたら大腰筋腸腰筋ハムストリングの緊張がさらに強まり、腰椎や腸骨の変位を生じさせ椎間板に負担をかける、筋のバランスも崩れる、足の左右の長さも変わる、仙骨の位置が不安定になるなどいい事ないです。

ちなみに

自分に合わない高い椅子に座っても腰が反り大腰筋腸腰筋が緊張します。

あ、すごい下に机があって見下ろす形なら、その限りではありません。

では低い椅子だとどうなるか?

フラットバックや円背が加速するんだおっかさん!

股関節が屈曲した座位で、日常的に腰を反るもしくは丸めると、骨格はキープするとしても筋肉が楽をしようとして出力しなくても姿勢維持が可能になるように固くなったり縮んで来る。

運動でフツーに大腰筋腸腰筋を使い込んでくると筋力も強くなる、姿勢維持にも使っているが強くなれば姿勢維持のベクトルも強くなってくる。

バレエダンサーやサッカー選手がいい例かな、気分転換にyoutubeで彼らのプレイを見てもいいかもしれない、見ると気づくはず。

なんか腰、そってないか?って。

反らせる筋肉>反らせない筋肉

当然のように腰は反る、拮抗が崩れるんだからそりゃ反るよ。

長くプレイしている一流の選手はバランス良く体を強化するしトレーナーもつくし体のケアも万全にしているからもつのであって、プレイして後のケアは特にしていない人間はバランス崩しておしまい。

じゃぁどうしたらいいのさ?

反らせる筋肉と反らせない筋肉のバランスをとればいいのさ。

まずは効果的なストレッチ、さらには反らせない筋肉の強化、そして日常生活で腰の故障の原因になりそうなことを減らしていく、もしくは耐えられる体にすればいいの。

ここで腰を反らすとめっちゃ痛い、前屈できないとかになってくると治療を受けた方がいいと思う、自分でストレッチや筋膜リリースをして治せなくもないけど時間がかかる。痛い部分の近くの筋膜に鍼治療を受けるとか、腰椎や胸椎の動きが出ていない所をカイロプラクティックの手技で動かしてもらった方が痛みを取りやすいし格段にバランスを戻しやすくなる。

 

反り腰の腰痛に効果的なごくごく簡単な体操を記載しておきます

①アキレス腱伸ばしの体勢をとります、そこから後ろ足の方の膝を床につけるギリギリまで下げます、その時後ろ足の方の股関節のちょい上のお腹側あたりがなんとなく伸びている感じがあればなおいい、キープしたまま90秒。これを左右やる、キツかったら手で体を支えてもいい、痛かったらゆるい角度でやる、痛くてもやるのは進められない。これで大腰筋腸腰筋の硬さがゆるむ。

②壁に後ろ向きになり、かかと、お尻、肩、頭をくっつける。そうすると腰と壁に隙間ができるはずだからそこに左右好きな方の握りこぶしをいれる。

腰こぶし壁がくっつけば良し、つかない人はタオルなどをこぶしに巻き付けて腰と壁と接触できるようにする。

そこから体幹を壁に思いっきり押し付けるようにしてこぶしを圧迫すること10秒間それをまず5回、慣れてきたら10秒10回、押し付けている時は息を吐くようにするとなお良し。

反り腰に対抗する腹筋や大腰筋腸腰筋の一部の筋トレができるし腰椎の正常な湾曲を作ることが出来る。

 

これらを3週間やってくれると体が変わるのが実感できるはず。

腰痛を知ることで対策を立てられるし、改善も可能になる。

治るのよ、腰痛は。

 

こちらへ引っ越し作業中 http://jinboojisan.com/

(c)2017 jinboojisan

嘘がまかり通る腰痛の世界

みなさん初めまして、腰痛で悩んでいた神保(仮名)と申します。

 

腰痛、結構耳にする単語ですよね、

聞いてふーんって人はこのブログを見ても意味がないので違うサイトやブログに行って下さい。

腰痛!?もう一秒でも早くおさらばしたいんだよ!神様仏様お医者様何とかしてくださいよ~!って人に読んで欲しいです、とりあえず

痛みを軽減させうる種類分けした腰痛の対策と腰痛の真実をお教えします。

何もしなくても痛い人、ひとまず横向きに寝て背中を猫背にして膝を曲げて下さい。さらに痛みの一番強い所を氷嚢やアイスノンで15分冷やして下さい。

腰反らして痛い人、腰前屈して痛くなければそのまま90秒キープして下さい。さらにアキレス腱伸ばしを30秒して下さい。

腰前屈して痛い人、たいてい背中~腰を挫傷してるので腰ベルトして、アキレス腱伸ばしを30秒して下さい。

何十年も腰痛で足が痺れているとか交通事故にあったばかりでなければ、上記の状態のときに記載してある行動をとれば、大抵の腰痛ならかなり痛みは軽減するはず。

あ、痛みが出ない範囲で自己責任でおねがいします。

といっても、まず問題はないと思いますが。

無理は禁止!

 

 

なんで腰痛についてわかるの?ホント?などと疑われるかもですが、自分としても色んなケースの腰痛を体験してきているし、いろんな治療院に行って話を聞いて治療してもらって自分の腰痛もとれたし、大量にうようよいる偉そうにしてるくせにちっとも治せない治療家の存在に頭にきて、なら自分で治療家になってやると国家資格取って治療家になって、実際自分の腰痛がとれた治療法を理論実技とも猛烈に勉強して、その技術を臨床で使い実際何千人も治してきたから、としか言いようがないというか。

 

明るい話じゃないんですが、根っこにですね、後悔や怒りなどの強烈な負の感情があるんですよ。

 

治療家でもさ腰痛の原因とか理解していなくて、腰部の筋挫傷と仙腸関節捻挫のちがいがわかる人も相当少ないし治す方法を知ってる人も相当少ない訳ですよ、それでも看板かかげて接骨院とか鍼灸院とか整体院とか病院とか治療院つくって開業しちゃって、腰痛を悪化させるような治療?行為をしたり指導をしたりするし、テレビ見ていても腰痛の原因はストレスです!とか、もう少し具体的にお願いします!みたいな情報しかないわけですよ。

ヒトゲノムが解明され、地球の裏側の人と携帯電話で話ができるのに、人類発生とほぼ同じくして存在した『腰痛』の正しい知識が一般的でない事実にくやしいです!

 

本当の腰痛に関しての情報が数十年前に認知されていれば、自分も早く楽になれただろうし、ハッピーで浮かれ放題な学生時代をおくれたはず、痛みに耐えている様子を「あの人いつも暗そう」なんて言われることも無かったはず。

 

いいかげんに一般常識となっていいと思います。

腰痛は複数種類が存在します、それに対応して治療方法も異なります。

さらに

腰痛は筋挫傷、捻挫、靭帯損傷、関節変位、血管神経圧迫、筋靭帯の緊張拘縮です。

原因が1個のケースもあれば、3個まとまったケースもあれば、捻挫変位神経圧迫からの筋拘縮などもあり、状況によって原因と治療法が異なります。

もっと書いちゃおう。

腰痛の治療方法としてカイロプラクティックの技術は有効

→しかし、きちんとした技術と知識を持った治療家でないと悪化する可能性あり

トリガーポイントが原因の腰痛なら、それ潰したらまず痛みは消える

→鍼でもリリースでもストレッチでもフリクションマッサージでも何でもイイです

 

自分自身が困った時代から数十年も経っているのに、患者さんからの腰痛に関しての質問は数十年前の自分がした質問と同じ事に愕然としたんですよ。

「なんで腰が痛いんですか?」

「腰痛は無くなりますか?」

「腰は冷やしたらいいんですか?温めたらいいんですか?」

自分自身が治療できなくても、せめて腰痛に関しての知識はいいかげん一般的になっていいと思います。

腰痛の人が自分の腰痛の種類をある程度把握して、効果的な治療を提供している治療院を自分で選択して適切な治療を受ける。

いい加減嘘やでたらめはやめよう。

注射だけじゃ治らないし、手術しても原因が間違っていれば治らないし、素手のテクニックで治せる腰痛もあるし、ずっとコルセットしていれば悪化する。

敵を知ろう、知らない事は恐怖だが知れば対策が立てられる。

 

過去の自分と同じつらさの人が読んでくれることを期待して。

 

(c)2017 jinboojisan